茨城で屋根リフォーム|自分でできる屋根修理【DIY】

社名バナー
トップページ 会社案内はこちらへ

お問い合わせはこちら

  • HOME
  • 自分でできる屋根修理【DIY】

自分でできる屋根修理

20171116_diy01_t.jpg
このページでは、安く済み自分でできる屋根修理【DIY】のやり方をご案内しています。上記のお悩みがある方は必見です!

DIYはテレビなどの影響により、世間的にも自分でホームセンターや100均などで材料を仕入れて、自分好みに何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動と認知されています。
ここ茨城県でも、DIYで自分で作業するというパパさんママさんが増えている印象です。

 
気軽にできるDIYですが、メリット・デメリットが存在します。
このページでは屋根修理に焦点を当てたDIYについてご説明させていただきます!

 

■DIYとは?

20171108_diy02.jpg
そもそもDIYとはDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやる」の意味を持っています。
プロや専門業者にお願いをするのではなく、自分で材料や道具を調達して、自分で作りたいものや直したいものを工事していくという言葉です。



机や椅子の修理や、制作。自分好みの色でおこなう外壁塗装。愛犬の小屋の作成など。さまざまなDIYがあります。
屋根修理も例外ではありません。
 

■DIYのメリット・デメリット

20171108diy04.jpg
DIYですが、メリット・デメリットが存在します。
DIYをやる際にはメリット・デメリットを考えたうえで、安全に注意して行いましょう。

メリット

①続けると安く済む
自分で材料を仕入れて、自分で作業を行うため、専門家に頼む際のいわゆる技術料が発生しないため、比較に安価に済ますことができます。


②達成感
DIYは専門家が行うものではないため、基本的に時間がかかります。ただ時間がかかった分作り終わったときの満足感や達成感はDIYでしか味わえないものになります!

③自分好みにできる
個人で行うため、アレンジがききやすいもの、机や椅子、棚などは自分好みで作ることができます。なのでその分愛着を持ちつつ使うことができます。

デメリット

①危険
素人が工事を行うため、DIYには危険がつきものです。屋根修理の場合は特に注意が必要です。
専門家が屋根修理を行う際の多くは、足場を立てて安全に行います。一方DIYの場合は梯子で屋根に上がっての作業になると思いますので、転落などの危険が伴います。


②時間がかかる
専門家の作業ではない分、完成までに時間がかかります。

②初期投資にお金がかかる
ノコギリ・グローブ・とんかち・メジャー・ビス・釘・インパクト・仕上げ材等々。。。
DIYを極めようと思うとかなりの投資をしなくてはなりません。簡単に始めることはできますが、本当に続けられるかどうかを初めに考える必要があります。

■自分でできる屋根修理

20171108_diy05.jpg
自分でできる屋根修理について、代表的な瓦修理のDIYについて注意することを説明いたします。

まず、瓦が破損しているなと判断したら、すぐに修理しましょう。まだいいやと放置するのは危険です。
破損した瓦が風などで飛んで行って人に当たって大惨事になったり、割れた瓦から雨水が浸透して、雨漏りになったり。最悪の場合、瓦は全体でバランスをとっているため、1つの破損で全体のバランスが崩れ屋根が崩壊するという恐れもあるので、注意しましう。

瓦修理

①安全確認
個人で屋根修理を行う際には、まずは安全確認が必要です。ヘルメットや軍手、安全靴、梯子などの準備が必要になってきます。
梯子や軍手は事前に持っている方も多いかと思いますが、梯子の場合、耐久性に難はないか、軍手の場合破けてないかの事前チェックも念入りにする必要があります。


②屋根の歩き方
瓦の修理をしようと屋根の上を歩いて、瓦を割ってしまっては本末転倒です。

20171109_kawara.jpg一般的な瓦には左の図のように、凹である「谷」と凸である「山」の箇所があり、「谷」の中央部分や「山」の端っこは非常に割れやすい場所となっています。
なので瓦の上を歩くときは、「谷」の部分を縦に踏んで歩くことを気を付けてください。
うっかり割れた瓦を増やさないようにしましょう。



③瓦修理
まずは、割れた瓦をいったん取り除きます。落下に注意しながら、他の瓦を割らないように瓦の「谷」の部分を縦歩くようにしましょう。
やり方として、新しく瓦を取り換える方法が一番です。シーリングでの補修や防水テープでの修理も有名ですが、シーリングの場合、瓦は瓦同士でバランスをとっており、雨水をうまく下に流すような仕組みになっていますので、シーリングをすることでバランスを崩したり、雨水が通る道を塞いでしまったりして、雨漏りにつながる恐れがあります。防水テープの一時的な応急処置でしかなく再び壊れる可能性が高いやり方ですのでやめておきましょう。
新しく瓦を取り換える方法は非常に簡単です。安全に気を付けて屋根に上り、破損した瓦を外して新しい瓦を他の瓦並びを参考に元に位置に戻すだけです。ほとんどの瓦は、固定されていませんので、手で簡単に動きます。割れた瓦でけがをしないように気を付けましょう。



以上で完工です。


■最後に

安くすませることができるDIYですが、あくまで素人による、瓦修理ですので再び壊れる可能性も大いにありますし、屋根の上からの転落という危険性もあります。

プロに任せると、費用は掛かってしまいますが短期間で済みますし、品質の高い瓦修理を施工してもらえます。
自分は屋根修理について一切気を使わなくても、プロが納得できる屋根に仕上げてくれます。

もし、茨城県水戸市周辺で屋根修理についてお悩みならお気軽に豊島瓦工業所にお問い合わせください!


▼診断はもちろん、お見積もり、ご相談も無料です。まずはお気軽にご相談ください!
お問い合わせ
専門店だからこそできる

WEB限定のお得なキャンペーンはこちらから

屋根の修理のメニュー表 任せ下さい 自慢のプロ職人が飛んで行きます 定額
瓦屋根 差し替え工事 瓦屋根 雨漏り修理

まずは屋根リフォーム茨城の屋根診断・雨漏り診断をおすすめします

ここまでやります 屋根診断
原因を明確にさせて!早期解決!雨漏り診断 地元であれば緊急出勤いたします

屋根リフォーム茨城へのお問い合わせ、ご相談はこちらから